aiko LIVE TOUR LOVE LIKE ROCK VOL.8

13日はaikoのライブを観に新潟LOTSへ行ってきました。

12日は仕事だし、13日はお盆だからどうしようか迷ったんだけど

せっかくライブがあるのに行かないわけにはいかないと思い行くことにしました。

お墓参りはお昼に行うということで、きっと母もわかってくれるはず!

ライブは本当楽しかった。

今年一番楽しかったです。

いっぱい叫んだし、「aiko」って呼んだし、

「それがー、ラーイブ」も言ったし(笑)

もうね、本当に楽しかった。

私はやっぱりaikoが好きだと思いました。

新潟へは三年ぶりだそうで。

五年ぶりくらいかなぁなんて思っていたけど三年でした。

ホールも良いけどライブハウスも良いね。

aiko肌の色が本当白くてびっくりした。

夏フェスに対するネガティブトークも面白かった。

ボディバッグ欲しかったけど黒が売り切れで残念。

12日のセットリストを調べたんだけど、

12日に聴きたい曲やっていたりしていいなぁって思ったりした。

でも全体的に13日の方が好きな曲が多かったから

13日に行けて良かったです。

次に行けるのはいつだろう。

aikoは新潟なら行く。県外は行かないので、また新潟に来て欲しいな。

本当楽しかった。今年も生きていて良かったと思った。

楽しいことよりも嫌なことの方が多い毎日だけど

こうやってライブに行けるというのは幸せだと思いました。

生きるために働く。

薬丸岳『友罪』

薬丸岳『友罪』読みました。

瑛太生田斗真がW主演で映画化すると聞いて

原作を読んでみました。

私は瑛太がジャーナリスト志望の益田で

生田斗真が鈴木(少年A)だと思いながら読んでいたんだけど

読み終わってから調べてみると役は逆だったのでびっくりしました。

でも瑛太ならどちらの役も上手くやりそうな気がします。

話はもっとどんでん返しがあったりするのかと期待していたのですが

そういったこともなくて残念。

少年Aを許せない気持ちはずっと消えないだろうけど

罪を償って新しい道へ進もうとしている鈴木を応援したい気持ちもある。

難しい課題だ。

広告を非表示にする

ブラスト!:ミュージックオブディズニー

25日はブラストを観に県民会館へ行ってきました。

どうせならと思い、S席を取ったら1列目でした。

1列目だと演奏者の表情もしっかり観れました。

でも、全体を観れた方が良かったかなぁなんて思ったり。

次行くことがあったらA席でも良いかな。

ディズニーだったけど、そこまでディズニーディズニーはしていなかったかな。

演奏している人達は膝を落とす動きが多かったので

足痛くならないのかなぁなんて思ったりしました。

でも、演奏しながら動くのは、小学校のとき吹奏楽をかじっていたので

やっぱり楽しかった。

お客さんは子供から大人まで老若男女でした。

管楽器はやっぱりかじっていたトロンボーンを観ちゃうね。

ついついトロンボーンに目がいっちゃう。

あとは花形トランペットかな。トランペットカッコイイ。

ずっとブラストは行きたいと思っていたから行って良かったです。

ライブビューイング 髑髏城の七人 Season 鳥

31日はステージアラウンドの舞台を観に

映画館へ行ってきました。

映画館だと表情もしっかり見えてそれはそれで良いね。

前回は小栗旬だったけど、今回は阿部サダヲ

今回は前よりもいっぱい笑えました。

ガンテッサイも面白かったです。

古田新太も面白かったけど今回の人も面白かった。

未來くん目当てで観に行ったけど、

最後はガンテッサイが気になりました。

あと、前回同様に兵庫の仲間達が

遊郭を守って戦うシーンでうるっときちゃいました。

私はやっぱりあーゆー戦うシーンが好きなのかも。

今回は映画館だったけど行って良かったです。

次もライブビューイングしてくれるかなぁ。

あるなら、また観に行きたい。

第20節 アルビVS横浜Fマリノス

今日はアルビ対マリノスの試合を観にビッグスワンへ行ってきました。

最初は結構アルビがシュートをしていてもしかしたら勝つかなぁなんて

期待をしていたのですが、結果は0-2で負け。

2点目は結構すごいゴールでした。

アルビ本当勝たないなぁ。

今日の新聞によるとアルビホームは残り9試合。

今日引くと残り8試合。あっという間だね。

本当アルビヤバイなぁ。落ちるしかないのかなぁ。

頑張って欲しい。

 

22年目の告白 -私が殺人犯です-

藤原竜也伊藤英明がW主演した映画、

『22年目の告白 -私が殺人犯です-』を観ました。

韓国映画『殺人の告白』のリメイクで、

『殺人の告白』が面白かったから楽しみにしていました。

感想としては韓国の方が面白かったかなぁ。

でも藤原竜也伊藤英明も上手かった。

伊藤英明が22年前と現在で髪型が違うだけなんだけど

若さも出ていたし、貫禄も出ていたし良かったです。

藤原竜也のヤバイ感じも良かった。

何より私が上手いなぁと思ったのが早乙女太一

ちょっとしか出ていないんだけど、

チンピラ具合が上手かった!

あと夏帆。被害者家族の役だったんだけど、上手かった。

物語の内容としては、

討論会のときに仲村トオルはジャーナリストだから結構調べてるなぁと思ったら

そういうことねという感じでした。

結構無理矢理なところもあったけど

テンポ早かったし、これはこれで良かったかな。

エンドロールで流れた曲が良いなぁと思って

調べたら感覚ピエロ『疑問疑答』という曲でした。

感覚ピエロはドラマ『ゆとりですがなにか』の主題歌を歌っていたバンドだったので

ゆとりの曲も結構好きだったので今度CD聴いてみようと思いました。

ボルダリング 6回目

今日は二週間ぶりにボルダリングへ行ってきました。

今まで登れたことが出来たことがある7級を登って、

あとはいつも登れない斜めの7級をラスト一手まで

登れたけどゴールまで行かずに終了。

手も痛くなったしね。

90分コースなんだけど最初の15分くらいで息切れしちゃっていたし。

毎度のことながら30分で帰ろうか迷うけど

勿体ないから休憩しながら一時間粘って帰宅。

次は登り切りたいなぁ。

二週間ぶりだったけどやっぱりボルダリング楽しいわ。