読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湊かなえ『Nのために』

湊かなえ『Nのために』を読みました。

この前『告白』を読んで、もっと彼女の作品を読みたいと思って買ったんだよね。

『Nのために』も『告白』同様に、登場人物それぞれの視点からそれぞれが語る文章でした。

私は安藤のキャラがなかなか好きです。

良い存在感だし。彼は物語の中で、なかなか重要だったりするし。

まぁ主要人物三人のうちの一人だから重要人物になって当たり前なんだけどさ。

ってか、途中まで安藤を女の子だとばかり思っていたから

男の子だと知ったときはちょっとびっくりした。

この話は『告白』に比べると怖さは劣るけど、

最後「あらっ」と思うのでそんなに面白くないとは言えないかな。

以下、ネタバレありです。





















絶対に杉下が夫妻殺害の糸を引いていると思ったんだけどその通りだったね。

でも安藤がちょっとしたイタズラでチェーンを掛けたことによって

自体が大変な方向へ進むのが面白かったです。

西崎さんは可哀想だったかな。

杉下の弟、洋介が気になった。

本を読みながら、もし映画化するならキャストは誰にしようかを考えていたんだけど

洋介役には最近人気の岡田将生くんで、

お姉ちゃん役の杉下は鈴木杏ちゃんにやってほしいなぁと思いました。

そしてお父さんの愛人役は木村佳乃さんかなぁ。

あと、安藤は森山未來くんにやってほしい。

未來くんだったら安藤のキャラを上手く演じてくれそうな気がするんだよね。

加瀬っちでも良いなぁと思ったんだけど年齢的に加瀬っちじゃ違うし。

西崎さんは伊勢谷さんとか。

でも伊勢谷さんだとハチクロのキャラとカブるから面白味が無いかな。

そんなことを考えながら読んでいました。

『Nのために』は杉下が安藤をしっかりと守るところは良かったけど

それが夫妻が死んだりするのに繋がったと考えると難しい。

あのとき杉下が野口さんに言わなかったら、結果は絶対に変わっていたよね。

奈央子さんの愛の形、西崎さんが母親から受けた愛の形。

愛情表現って難しいねぇ。

そういえば健くんはツンデレが好きなんだよね。

杉下と安藤って合う気がするんだけどなぁ。

さっき感想で「あらっ」と書いたのは杉下が安藤を守るためにやったことと、

安藤のチェーンの話と、奈央子さんが西崎さんに言ったセリフのところなんだけど、

この本の本当のラストは私にはよく理解出来なかった。

どういうこと?って思った。

杉下が病気になったのかなぁ。よく分かんないや。

成瀬くんはお店を開けて良かったね。

成瀬くんはちょっとしか出ていないけど、元気で良かった。