読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小沢健二 ひふみよ 小沢健二 コンサートツアー 二零一零年 五月 六月

昨日はオザケンのライブを観に新潟県民会館へ行って来ました。

18時半開演だったので、仕事が終わって即効向かいました。

会社出てからタクシーをつかまえて会場へ向かおうかとも思ったのですが

ケチってバスで新潟駅へ向かった後、駅から会場近くまで行く路線バスで向かったのが失敗!

会場に着いたのは18時半ギリギリでした。

10分位おすだろうと勝手に思っていたのですが、会場入りしてびっくり!

18時半の段階でロビーには全然人が居なくて

グッズを買うお客さんの列も無くて、人は数人がチラホラ見える程度でした。

こりゃー、時間がおすことは無いなと気付いて急いで会場入り。

私みたいに仕事帰りの人とかは少なくて、みんな会社を休んだりして来ているのかなと思った。

でー、ライブは5分くらい遅れてスタート!

オザケンの歌声は健在で、凄く楽しいライブでした。

私は小学校のときオザケン好きで、

でも当時はオザケンのライブに自分が行くことが出来るなんて本当想像していなくて。

オザケンの歌を生で聴くことが出来たことが凄く嬉しかったです。

オザケンのライブに行けてとても幸せでした。

今日のライブは本当凄く楽しみにしていたからね。

こんなにもライブを楽しみにしていたのは久しぶりだと思う。

高校のころとかは「ライブまであと3日!」とか「あと一週間!」

って考えたりとかすることもあったけど

社会人になったくらいからそういうこともあまりなくなったから。

「そういえば明日ライブじゃん!」みたいな感じが多くなったなぁ。

だからこういう感覚になれたのも久々だったし、

何よりも本当オザケンのライブに行けてオザケンの歌声を聴けて凄く嬉しかった。

ライブに行けたことが本当幸せでした。

バンドメンバーにはスカパラの皆さんも居ました。

以下、ネタバレありです。





















ライブの1曲目と2曲目は会場の照明が消えて真っ暗な状態で演奏が始まりました。

1曲目は『流れ星ビバップ』でした。

曲が始まると周りの人は徐々に立っていきました。

真っ暗だから見えないけれど、雰囲気で分かった。

1曲目から会場は一気に盛り上がって、手拍子が凄かったです。

あと相槌の「HEY!HEY!HEY!」みたいなのも、良い感じに入っていました。

お客さんも女性客が多いわけじゃ無くて男女比が半々くらいだったと思う。

だから男性の声で相槌が入るのがCDと同じ感じでそれがまた良かったです。

女性の声だとやっぱり違うからね。

私は本当オザケンブームのとき小学校だったから

会場の状態を観て知ったんだけどオザケンって男性にも人気があったんだね。

こういう男女問わず愛されるオザケンっていいなぁて思いました。

ライブの中盤では私が大好きな曲『痛快ウキウキ通り』をやりました。

これをやったときは本当嬉しかった。

プラダの靴が欲しいの

の後にある「ウォー」って声を男性陣がやっていたのが良かった。

「私もやりたかった!!!」って思った。

男性客がやったあとで、

「そうだ!ここで“ウォー!”ってあったんだ!」って思い出したからね。

この曲好きだなぁ。

オザケンの可愛い歌声も好き。

ライブでは途中途中でオザケンの朗読みたいなのがあるんだけど、

それもなかなか色々と考えさせられましたわ。

チャリの話とか、価値観の違いとか。

『さよならなんて云えないよ』で「オッケーよ」って言うのも面白かった。

手で丸を作って最初は小さな丸で「オッケーよ」に合わせて丸が大きくなるの。

こういう動きとか私は全然分からなくて、周りの人に合わせてやっていたんだけど

こういうことをするのも楽しい。

あと「♪左へカーブを曲がると」っていうメロディーのところが好き。

このメロディー好きなんだよね。

今夜はブギーバック』ではラップ部分をお客さんが歌っていました。

みんなしっかり歌えていて凄かった。

私も勉強してくれば良かったなぁって思った。

他の曲でもお客さんはみんなしっかり歌えていて凄かったです。

アンコールのときには昔新潟でライブをやったときのことを話していました。

今はもうなくなったんだけど新潟PHASEで16年前にやったそうです。

16年前かぁ。当時私は10才だね。

どう考えてもライブ自体知らなかったと思う。10才だしね。

会場の中では1割くらいの人が16年前にPHASEであったオザケンのライブに行ったそうです。

手を挙げた人数を見ると1割くらい居たと思う。

でー、オザケンも喜び驚いていて、そしてもっとびっくりしたのが首都圏から来た人の数。

会場の半分くらいは首都圏から新潟まで見に来てくれていたみたい。

それを知ると18時半開演でちゃんとみんなが会場入りしてたことも納得出来たね。

みんなが仕事帰りで18時半だと会場入りするのは厳しいから。

そういえばaikoも昔は18時半開演だったけど、18時半は厳しいという声が多くて

平日は19時開演に変えたりしたんだよね。

あー、でも本当オザケン良いわ。

「ニンマリとしてください」と言ってから歌った民謡調の曲も良かったし。

いきなりこういう曲だったのでびっくりしたわ。

オザケン良いなぁ。

またライブ行きたいなぁ。

そうそう、『Lovely』を本編の最後の方にやるんだけど、中盤で一回練習をするの。

歌詞を変えたから、そこの練習。

こういうのもいいなって思った。

でも、その中盤の段階でめちゃめちゃ盛り上がってるの。

SOPHIAもこういう風に途中でやってくれたらいいのになぁなんて思ったわ。

途中で『Believe』をやって、最後にまた『Believe』をやるの。

『街』でもいいけど。

「『街』の歌詞をちょこっと変えました」とか言って。

ライブで売れたし、みんなが知っている『街』や『Believe』が2回も聴けたらだいぶ嬉しいよね。

オザケンのライブなのにそんなことを考えたりもした。

SOPHIAはもう私にとって無くてはならないものだからね。

居て当たり前みたいな存在。

あー、でもオザケンのライブに行けて本当に良かった。

オザケン好きだわ。

小学校の「好き」って大人になっても変わらないよね。

「三つ子の魂百まで」って言うけど小学校の「好き」も同じだと思う。

小学校のときマイラバ藤井謙二さんが好きで

21くらいのときに大塚愛ちゃんのライブに行って

あのギターカッコイイなぁって思ったら藤井さんだったし。

このとき私のカッコイイと思う感覚は変わらないんだなぁって実感したんだよね。あはは。

あー、オザケンのライブに行って本当に良かった。

2010年大切な思い出になりました。

オザケンのライブに行けて2010年幸せです。

そうそうもちろん『カローラⅡに乗って』もやったよ。

のほほんとした感じが良いよね。この曲。

なんかブログが止まらないので、感想はこの辺で終了したいと思います。

でもでも何度も言うけれど、オザケンのライブに行けて幸せです。

26才まで生きていて良かった。

きっとこれからも楽しいことがあるんだろうなぁと思える一日でした。

オザケンのライブに行けるなんて本当想像していなかったから。

これからも想像出来ないような素敵なことや楽しいことに出会えるだろうという

期待を持つことが出来ました。

オザケン大好きです。