悪人

今日は映画『悪人』を観て来ました。

原作を知っていたから原作通りに忠実にやるのかなぁと思ったら違ったね。

まぁ、原作忠実にやったら時間が足りないかな?

深津絵里ちゃんが外国で賞をとったから

深津絵里ちゃんの演技が凄いのかなぁと思ったけど

深津絵里の演技はいつもと同じで素敵でした。

彼女の演技って結構好きです。

妻夫木聡くんも祐一の感じが凄く出ていて上手かった!

原作通りって感じ。

妻夫木くんやるねぇ!

でー、この映画を観て思ったのが

岡田将生くんと満島ひかりちゃんが私は凄く良かったと思う。

この二人って最近頑張ってるよね。

もうね、二人の演技が良かった。

深津絵里ちゃんと妻夫木くんはもちろん上手かったし

樹木希林さんと柄本さん、余貴美子さんなど

脇を固める役者さんの存在感はしっかりしていてこれもまた良かったです。

ただ、私としては原作の方が好きかな。

原作の感じが好きでした。

でもこの映画を観て、

岡田将生くんと満島ひかりちゃんの二人に今後注目していきたいと思いました。

ひかりちゃんはドラマ『モテキ』でもなかなか良かったし

これからも楽しみ。

folder5の時から比べると本当大人になったよね。

岡田くんは映画『告白』のウェルテルも良かったし

今回の遊んでる感じの大学生の増尾くん役も上手かった。

良い感じに嫌なヤツっぷりを演じていてそれがまた良かった。

嫌なヤツっぽさがカッコ良かったです。

あそこまでしっかり悪いヤツっぽくやってくれると

スッキリするね!

ここまで読んでくれると分かると思うけれど

私はこの映画を観ているとき、

妻夫木くんと深津絵里ちゃんの二人より

岡田くんのシーンを期待しながら観ていました。

映画を観るまではそんなこと無かったんだけどね。

以下、ネタバレありです。





















私の原作感想を読まれた方は分かると思うんだけど

私は祐一が光代の首を絞めた理由は

風俗嬢のセリフが無かったら本当意味が分からなかったのね。

だから映画でこのセリフどころか風俗嬢すら出てこないから

意味が分からなかった。

原作を読んでいなかったら意味不明でモヤモヤしたまま終わっていたと思う。

原作の風俗嬢と祐一のやりとり、

祐一と祐一の友達のやりとりのシーンは結構好きだったんだけど無かったね。

映画しか観ていない人は光代の

「あの人は悪人だったんですよね」(←正確には違うけどこんな感じのセリフだった)

ってセリフだけで分かったのかなぁ。

疑問。

私は国語力が無いから私が分からないだけなのかしらね。

私、学生の頃、国語苦手だったから。

感想文とかすっとぼけたこと書いていると思われること多かったし。

視点が違うみたい(苦笑)

祐一が母親からお金をせびるところもしっかりとやらなかったし。

私が大事だと思っていたシーンは悉くカットされていたのは

ちょっと残念でした。

でもこの映画は出てくる全役者さんの演技がとても良かった!

でー、この映画を観て思ったんだけど私は以前

吉田修一さんが原作の映画『7月24日通りのクリスマス』も観たのね。

これは原作を読んでいなくて映画だけ観たんだけど

中谷美紀さんと大沢たかおさんが出ていて

なかなかのラブコメだったんだわ。

これも実は原作を読んだら全然違うのかなぁなんて思った。

今度原作も読んでみようと思います。

いやー、それにしても原作を読んだときは

「早く映画が観たい!」って思ったけど

実際映画を観ると違うね。

映画は映画でありだけど、映画だけだと私には難し過ぎる世界でした。

原作のようなズシンとくる感じもなかったなぁ。

役者さんたちが素晴らしかったから観て良かったけどね。

妻夫木くん、深津絵里さん、岡田将生くん、満島ひかりちゃんの

今後の活躍に本当期待させられる映画でした。

岡田くんは加瀬っちと一緒に出た映画『重力ピエロ』を観たときは

ぶっちゃけ「うーん」って思ったんだけど

今回の『悪人』とこの前やった『告白』で一気に私の中で株が上がりましたわ(笑)

広告を非表示にする