読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金原ひとみ『蛇にピアス』

金原ひとみ蛇にピアス』読みました。

以前、映画が公開されたとき観ていたから読みやすかったです。

内容も原作と映画でほぼ同じだったし。

映画のキャストも原作と合っていると思った。

アマ役の高良健吾くんは映画を観てファンになったしね。

ルイに対する感じとか本当演技良かったと思う。

この話では刺青とかピアスとか出てくるんだけど

私はピアスも開けていないし、刺青もいれていないのね。

だから映画を観たときのことを思い出したんだけど

映画では本と違って穴の大きさの0とか12とかそういうサイズについての説明が無いのよ。

だから映画で「お前、もう0にするのかよ」みたいな感じのセリフがあったときに

私の頭の中は「???」って感じでした。

勝手に0がゴールで12とかが遠くなんだろうなぁっていうイメージで見ていたんだわ。

後日、妹に聞いて穴の大きさってことを知ったっていう。。。

そんなことを思い出しました。