怒り

映画『怒り』観ました。

原作は前に読んでいて、このブログでも感想を書いているんだけど

やっぱり原作の方が好きかな。

 

映画は達也くん役の男の子が上手でした。

あおいちゃんの演じる愛子も良かった。

まぁ、私があおいちゃん好きっていうのもあるかもだけど。

三人の容疑者。

松山ケンイチが上手かった。アヤしすぎた。

逃げている理由とかなんか嘘くさいっていうね。

原作ではゲイの話が一番好きだったけど、

映画はあおいちゃんの話が一番好きなかな。

ってか、この映画は達也君がなんだかとても可哀想だった。

凄く良い子なのにこんなことになっちゃって。

いずみちゃんが一番つらかったのもわかるんだけどね。

でもやっぱり達也君に同情しちゃう。

 

映画で渡辺謙が「男なら世間は許してくれるけど女だと駄目だ」

っていうセリフがなんかずっしりきた。

なんかわかる。それ。

広告を非表示にする